最新記事一覧

単一資格か複数資格か

鍼灸

将来を考えて選ぶ

医療系の仕事をしたいとき、国家資格を取得しないといけないケースが多いです。医師はもちろん看護師や薬剤師など医療系の資格がたくさんあります。誰でも国家資格のための試験を受けられるわけではなく、受験資格を得た上でないと受けられません。医療系の資格は学校に在学中に実技に関する検定を行い、本試験は筆記試験のみが多くなります。複数の資格を取ろうとするなら通常は別途学校に入り直して取得する必要が出てきます。鍼灸の専門学校はその名の通り鍼灸師を養成する学校です。元々鍼師と灸師は別々の資格で国家試験も別です。ただ共通点も多いので、多くの人はどちらも一緒に学んで試験も受けられるコースを選びます。鍼灸学校においては専科と呼ばれるコースがあり、こちらではこの資格を取得するのに専念したコースになります。ただ関連する資格を持っておいた方が仕事をする上では有利になります。その分行える施術の幅も広げられるかもしれません。鍼灸に関連性が強い医療資格として、あんまとマッサージがあります。どちらも医療系の国家資格で、取得するには学校の卒業が必要になります。関連性が強いので試験などもよく似た内容のものが出題されます。学校を選ぶとき、本科を選ぶとあんまとマッサージの資格も一緒に取得できるコースに入れます。大変そうに感じますが、共通事項が多いので学ぶ量が極端に増えるわけではありません。後で取得しようとすると大変ですが、一緒ならかなり楽になるでしょう。