最新記事一覧

資格取得から就職まで

鍼灸

医療やスポーツ業界で働く

将来の進路を決めるのは高校在学中ぐらいからかもしれません。高校を卒業すると進学か就職かを決める必要があります。進学にしても将来の就職を意識することがあり、専門学校であればより仕事に直結したことが学べるかもしれません。医療であったりスポーツ業界に興味を持っているなら、鍼灸師を養成する専門学校に行く方法があります。医療に関する国家資格が取得でき、将来的には独立開業も行える将来に役立つ資格の取得が可能になります。鍼灸の専門学校に行く目的は、まずは国家資格の取得でしょう。資格を得るには国家試験に合格しないといけませんが、国家試験の受験資格として所定の学校の卒業があります。知識を独学で学んで合格レベルに達していても、受験できなければ意味がありません。鍼灸の専門学校では受験資格が得られるだけでなくいろいろなカリキュラムが組まれています。鍼灸に関する知識や技術も得られますが、体に関する知識が得られるのが大きいかもしれません。高校時代にスポーツに取り組んでいる人なら、スポーツに関わる仕事をしたいと考えるかもしれません。スポーツトレーナーは選手のコンディションを整えたりする専門家です。実は鍼灸の技術によってコンディションを整えることができ、多くのスポーツチームなどで技術を持っている人が求められています。独立して自分の院を持ちながら働くための知識を得たり、自分自身になじみのあるスポーツに関する仕事をするための技術を得たりができます。