最新記事一覧

迷ったらここを意識する

複数の人

違いを知ることが重要です

診療放射線技師になる為には、専門学校か大学等で3年以上の養成課程を修了しないといけません。その後、国家資格を受験し、合格する事で診療放射線技師と名乗る事ができます。最近では、診療放射線技師の重要性が高まり、日本各地に養成校があります。大学、専門学校どちらに進学するかで悩む方が多いと思いますが、下記に選定の基準について述べます。まず、大学のメリットとして、多くの医療系専門職を目指す学生が学部毎に在籍しているので、幅広く医療・介護について学ぶ機会があります。また、併設している大学病院等での研修があり、より最新の知識を学ぶ事ができます。ただし、大学では4年制課程が主であり、通学する期間が1年程長くなります。専門学校のメリットとして、夜間部等が併設されている所が多く、働きながら資格取得に向けた勉強が出来る点が挙げられます。また、大学に比べ、3年制課程が多く、早期に資格取得の試験を受ける事ができます。大学卒と専門学校卒では給与面に違いがある就職先もあり、大学卒を優先して内定を出す所もありますが、業務内容に関しては大きな違いは無く、働きながら知識を深める事が重要です。どちらか悩まれる方は学校が主催する説明会等に参加し、その学校独自の取り組みや特性について在学生や講師陣から話を聞くのも良い方法です。診療放射線技師の活躍する場所は病院だけでなく、民間の企業においても広がりつつありますので、就職先から大学や専門学校を選ぶ方も増えています。