最新記事一覧

鍼灸

資格取得から就職まで

鍼灸師を養成する専門学校に行くと、国家試験の受験資格が得られます。合格すれば医療に関する国家資格を取得できます。医療人として働くことができますが、それ以外にスポーツ関係の仕事をするときにも役立てることができます。

学校による違いと特徴

男性

学生に伝えたい選び方

診療放射線技師は放射線を扱う専門職です。国家資格でもあり、大学や専門学校で資格を取る為の勉強が必要です。仕事の内容は、幅広く、医師や歯科医師の指示のもと、放射線や超音波を用いた検査や治療を行います。学校は専門学校もしくは大学が選べますが、どちらを選ぶかは、悩む所です。ポイントとして、詳しく学びたい事や指導を行う教員の経歴等を参考に学費や学校に通う年数等で決めると良いでしょう。特に最近では働きながら資格の取得に向けた勉強が出来ることから、夜間課程の学校が人気があるようです。学校側が日中のアルバイト先を斡旋してくれる場合もあります。大学では、経験豊富な教授が多数在籍している事や併設の大学病院で実習を受ける等の利点があります。特に大学を卒業後は大学院に通い、研究者としての知識と経験を深めたい方が進学しやすい様です。診療放射線技師は他の医療職と協同し、患者の検査や治療を行う重要な役割を持っているので、専門学校・大学共に様々な経験が出来る所がお勧めです。また、よく質問にあがるのが、大学と専門学校で資格を取得するまでの勉強内容の違いについてです。これに関しては、どちらも大きな違いはなく、3年もしくは4年制で違いがあります。学校に通う期間が長い所ほど、時間にゆとりがあり、人間力を養う様な授業も豊富です。短い期間では、最短コースでの授業となる為、一日のスケジュールが綿密で忙しいともいえます。最近では、女性の診療放射線技師の活躍も多数あります。特に患者様の中には同姓である女性の診療放射線技師を希望される事が増えています。学校選びには様々な特徴があるので、学費やカリキュラムの内容を見て、自分の特性に応じて決められると良いです。